診療時間

スタッフブログ

ホルモンによって体調が変わる? 大田区 東雪谷 ゼロスポ鍼灸整骨院/整体院 石川台

ホルモンによって体調が変わる? 大田区 東雪谷 ゼロスポ鍼灸整骨院/整体院 石川台

こんにちは!

大田区 東雪谷 ゼロスポ鍼灸整骨院/整体院 石川台 

12月に入りとても寒く感じる日が多くなってきましたね。

いかがおすご過ごしでしょうか?体調は整っていますか?

体調はホルモンバランスによって左右される事もあります。

ホルモンといえば産後骨盤矯正の紹介を以前のブログで紹介したときに多く使った言葉です。

産後骨盤だけでなく身体に対して起こるホルモンの影響を紹介していきます。

 

ホルモン

ホルモン産生臓器から血中に放出され体にあるすべての細胞の受容体で生化学的効果を発揮する分子のことです。

代謝 生殖 成長 老化 免疫などいろいろな機能を制御、調整しています。微量で大きな効果を発揮します。ホルモン分泌量が最適値であれば若さ、健康は維持されます。老化にともなう体調不良や活力低下は加齢に伴うホルモンの減少と関係しています。

 

 

 

加齢に伴う変化として、さまざまなホルモンの分泌量変化があります。加齢により分泌量が変化するホルモンとしてよく知られているのが、成長ホルモンです。成長ホルモンの分泌量が低下すると、インスリン様成長因子の分泌量も低下します。高齢者が、糖代謝という機能において、若年者よりも働きが悪くなるのは、この影響も考えられます。

 また、甲状腺ホルモンを分泌する甲状腺は、その体積は増量するものの、ホルモンの分泌量は低下します。さらに、高齢者は若年者に比べて浸透圧を調整するホルモンの分泌量が、夜間に低下するという特徴があります。これが、夜間の排尿行動、あるいは夜間頻尿に関係しているものと考えられます。

 さらに、男性ホルモンや女性ホルモンも、加齢により減少する代表的なホルモンです。男性ホルモン、女性ホルモンの分泌量が減少することによって、身体的に大きな影響を及ぼします。

 例えば、男性ホルモンが低下すると、性機能低下筋力の低下などが見られるようになります。一方の女性ホルモンでは、体への影響としていわゆる「自律神経失調症」があり、ほてり、のぼせ、動悸、めまいといった症状がよく見られるようになります。女性ホルモンは骨形成にも関係しているため、骨量の低下から骨粗鬆症を引き起こすことがあります。

 男女ともに、ホルモン分泌量が低下することによって、骨吸収の低下、骨密度の低下による骨折、高脂血症の発症リスクの増加、それによる動脈硬化への進展、そして脳梗塞や心筋梗塞など、さまざまな病気へと発展するリスクが高くなります。

 

男性・女性のホルモンの分泌量が低下することによってみられるのが、「更年期障害」です。更年期障害とは、男女の性ホルモンの低下によってみられる自律神経失調症に似た症状が現れることをいいます。

 主な症状として、女性の閉経前に見られる身体的症状であるのぼせや顔の火照り、脈が速くなる、動悸や息切れ、異常な発汗、血圧の上下が激しくなる、耳鳴り、頭痛やめまいなどです。精神的な症状としては、興奮の亢進、イライラや不安感、うつ、不眠などが見られます。

 産後骨盤、閉経後はこれらに加えてさらに、膀胱炎や尿失禁、腰や膝の関節痛、目やのどなどの粘膜の異常などの身体的症状が見られ、精神症状では無気力感などが見られるようになります。

 女性では約10年ほどの間で急激にホルモン量が低下するため、症状が強く現れるのですが、男性ではホルモン分泌量が徐々に低下するため、老化現象の一部として捉えられてしまい、更年期症状として捉えられにくいことが特徴です。

ホルモンバランスの乱れは、肌コンディションにも影響を及ぼします。具体的には、皮脂の過剰分泌がおきたり、毛穴周りの表皮が厚くなって詰まりやすくなるなど、ニキビやくすみ肌の原因になることがあるのです。
また、エストロゲンがうまく働かないことによって肌の潤いが生み出せず、肌のターンオーバーの乱れからバリア機能が低下し、乾燥肌や敏感肌の原因になることもあります。
ホルモンバランスは、健康のみならず美容面でも重要なファクターだということがよく分かります。

 

ホルモンの分泌は自律神経とも大きく関わりがあります。

原因として大きいのは不規則な生活

私たちの体は規則的な生体リズムの元、さまざまな器官が働きその役割を果たしています。

しかし、運動不足、慢性的な睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活、昼夜逆転の生活といった不規則な生活習慣を送り続けてしまうと生体リズムが狂い、自律神経のバランスも乱れてしまいます。

つい夜更かしや、休みの日は昼まで寝てしまう、ベッドの上で1日過ごしてしまった、など、皆さんにも心当たりはあるのではないでしょうか?

日々のストレスを軽減させるためにも、規則的な生活を送ることが大切です。

 

セルフケアの方法は

・規則正しい生活(良質な睡眠)

・適度な運動やストレッチを

・湯船に浸かり身体を温める

・リラックスする時間を作る

などが効果的です。症状に当てはまる方はぜひ試してみてください。

ここまででごく少数の症状ですが、産後骨盤だけでなく、ホルモンは他にも様々な症状があります。病院に行っても改善しない症状、その治療方が見つからない方、どんな悩みでも気軽に相談ください^ ^

 

蒲田駅から池上線で14分 大田区 石川台 ゼロスポ鍼灸整骨院/整体院 では患者様の身体にあったメニューを揃えております。

メニューなどの詳しい情報はSNS、ホームページからご覧ください。

 

患者様一人一人に合わせた施術

肩こり腰痛頭痛自律神経の症状産後骨盤矯正、子供猫背、骨盤矯正、運動不足解消・トレーニング・ストレッチ指導・交通事故治療も対応しております。

詳しくは店舗までご確認ください!

また各種SNSやっておりますのでご登録よろしくお願い致します(^ ^)

 

 

蒲田駅から池上線で14分!大田区 石川台

ゼロスポ鍼灸・整骨院/整体院 石川台

〒145-0065

東京都大田区東雪谷3-18-15

第一タケモトビル1F

☎︎03-6425-6827

【受付時間】

09:00~12:30/15:00~20:00

【Mail】

info@zero-ishikawadai.com

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 整体院【石川台】
  • LINE

診療時間

住所
〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-18-15
タケモトビル1F
アクセス
石川台希望ヶ丘商店街内