診療時間

スタッフブログ

産後骨盤

産後骨盤

こんにちは!!

大田区 ゼロスポ鍼灸整骨院/整体院 石川台です🤗

 

本日は通常の骨盤の役割と、産後の骨盤の変化について書かいていこうと思います!

 

 

通常の骨盤の役割とは?


・上半身を支える
骨盤は身体の中心で背骨とつながっており、背骨を通じて頭を支えています。

 
・内臓の保護
骨盤の中には大切な内臓や生殖器があり、骨盤はこれらが重力で下がってこないように支えています。

 
・歩行の衝撃の吸収
人間が歩く際の足からの衝撃を骨盤が吸収し、上半身に伝わらないようにしています。

 
・座っているときに身体を支える
座った際に骨盤の下にある坐骨という部分で体重を支えることで身体にかかる負担を軽減しています。

 

産後の骨盤の変化と身体への影響は?


女性は妊娠した際に、お腹の赤ちゃんが大きくなるためのスペースを作ろうと「リラキシン」というホルモンが分泌され、リラキシンの影響で骨盤を繋ぎ止めている靭帯を緩め、骨盤が広がりやすくします。

 
産後の骨盤は数か月間、このリラキシンの影響が残っており、骨盤が広がりやすい状態のままとなります。

 
通常であれば、徐々に骨盤はもとに戻ろうとするのですが、出産後もリラキシンの影響を受けている状態で即ち、骨盤が緩んだ状態での慣れない育児がスタートすることにより、骨盤に歪みが生じた状態で固まってしまう場合があります。

 
骨盤に歪みが残ってしまうと、本来の骨盤の役割が果たせなくなってしまいます。

 
骨盤が傾き、上半身を支えることができなくなってしまうと、首や肩に負担がかかり、首や肩のこりや痛み、内臓が上手く支えられなくなってしまうと、下腹部がぽっこりとしてしまったり、尿漏れ、歩行時の衝撃が吸収できなくなると、股関節や腰の痛み、座り姿勢が乱れることにより、臀部や仙骨部の痛みなど様々な症状の原因になってしまうのです。

 

リラキシンの影響を少しでも減らすのと同時に妊娠中に低下してしまう筋力を取り戻す必要があります。

 
ですので、産後は骨盤の歪みを残さないようにするために、骨盤のケアをしてあげることが重要となります。

 

当院の産後骨盤矯正はボキボキといった痛い施術は行わないので、どなたでも安心してうけていただけますよ!

 
産後骨盤矯正についてもっと知りたい!という方は是非当院のホームページをご覧くださいね

 

蒲田駅から池上線で14分 ゼロスポ鍼灸・整骨院/整体院 石川台

〒145-0065

東京都大田区東雪谷3-18-15

第一タケモトビル1F

☎︎03-6425-6827

【受付時間】

09:00~12:30/15:00~20:00

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 整体院【石川台】
  • LINE

診療時間

住所
〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-18-15
タケモトビル1F
アクセス
石川台希望ヶ丘商店街内