診療時間

スタッフブログ

ぎっくり腰には気をつけて!未然に防げる方法とは?

ぎっくり腰には気をつけて!未然に防げる方法とは?

こんにちは!ゼロスポ鍼灸整骨院石川台です!!

本日は冬に好発するぎっくり腰の投稿です。

皆様は、ぎっくり腰の経験はありますか?

 

では、そもそもぎっくり腰とはなんでしょうか?

ぎっくり腰は突然痛みが腰に起こってくる症状のことで、正式には「急性腰痛」と呼ばれています。

前触れもなく、急に起こることで別名「魔女の一撃」とも呼ばれています。

ぎっくり腰を引き起き押しやすい動作として、重い物を持ち上げた際などと思われがちですが、咳やくしゃみをしたときや、顔を洗うときなどのように、日常の何気ない動作でもぎっくり腰を起こすことがあります。

 

ぎっくり腰ってなんでなってしまうの??

① 仕事で立ちっぱなしや座りっぱなしまた、重いものを運ぶ方、普段から腰に負担が多い方はなりやすいです。

いわゆる、慢性的腰痛になっている方は要注意です!!

 

②ぎっくり腰とは関係はないのですが、、内臓疾患系から来る腰痛もあります。

重大な疾患としては、急性膵炎、腹部大動脈瘤。

症状としては、腰や背中に痛みがある事がありぎっくり腰と勘違いすることもあります。

このように、内臓疾患系からくる腰痛は姿勢を変えても痛みの変化が変わらない事が多いです。

そういった場合は、直ちに救急車を呼び病院へいきましょう!!

 

③運動不足や寝不足です!!運動不足になることにより、血液の流れが悪くなり筋肉が硬くなる事や

寝不足になる事で、疲労が回復せず疲労が溜まり、ある日突然!!なんてことも、、

普段からストレッチやこまめな運動、睡眠は心がけましょう!!

 

④ストレスによる要因もあります。ストレスにより脳の痛みを感じるシステムに不調をきたし

痛みを感じやすくなるといったこともございます。

 

ぎっくり腰にならないようにまたなってしまったらどうすればいいの?

未然に防ぐ方法としては普段から自宅でストレッチやこまめな運動、睡眠時間を8時間は取ること。

では、いくつかストレッチ方法を教え致します。(それぞれ30秒ずつ)

①ハムストリングスのストレッチ

②お尻のストレッチ

③背中のストレッチ

 

もしぎっくり腰になってしまった場合、、、

治療の際は、まずはぎっくり腰になった時の状況を詳しく伺います。それが来院直前の場合は冷やして筋肉の炎症を抑え、緊張を取り除いていきます。

程度時間が経ってしまっている場合は、マッサージなどで血行を良くし固まった筋肉をほぐします。

 

 

 

 

そしてある程度症状が落ち着いたら、骨格や骨盤の矯正を行ない、それぞれの患者様に合った全身バランスへと整えていきます。

こうすることで再発しにくい身体づくりをしていきます。ぎっくり腰悩んでいる方は、再発しにくい身体を目指し、当院で一緒に治療していきましょう。

 

以上です。

ぎっくり腰はいつ誰がなってもおかしくない症状です。

若い方も多くなっていますので、この寒い1月、2月は充分に気をつけてお過ごしください。

 

 

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 整体院【石川台】
  • LINE

診療時間

住所
〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-18-15
タケモトビル1F
アクセス
石川台希望ヶ丘商店街内