診療時間

スタッフブログ

新生活に向けての準備でギックリ腰、腰痛にご注意を!!

新生活に向けての準備でギックリ腰、腰痛にご注意を!!

こんにちは!!

大田区 ゼロスポ鍼灸整骨院 石川台です👣

 

4月が始まりましたね🌸

新生活が始まる季節です!この時期、環境やライフスタイルが変化する人も多いと思います!!

 

今回は座り姿勢と腰の痛みについてまとめてみました!

座り姿勢と腰痛の関係

立っているときと、座っているとき、腰に負担がかかっているのはどのときでしょうか?
こたえは座っているときです!
座っているときはお尻の部分で体重を支えます。
そして腰の部分には骨がなく、筋肉のみで身体を支えなくてはなりません。
こういった要因によって、立っているときと比べて腰への負担は1,4倍以上にもなると言われています。

そして、座っている時の姿勢によって、さらに負担が増えてしまいます。

腰に負担がかかる姿勢としてここでは3つ紹介したいと思います!

①背中を丸めて座る

背もたれに大きく寄りかかり、お尻を背もたれよりも前に出した座り方のことです!
ついつい、スマホを覗き込むように背中を丸めていませんか?
この座り方は人間が姿勢を保つために必要な背骨のカーブに悪影響を与えます。
そして、最悪の場合ヘルニアなど様々な病気にもつながってしまいます!

②前のめり座り

この座り方は、顔が身体よりも前に出る座り方です!
パソコン作業中など、集中しすぎて、モニターに顔が近づいていませんか?

この座り方になってしまうと、身体の重心が身体を支えているところよりも前に行ってしまい、腰への負担が大きくなってしまいます!

③足組み

 
足組とは、片方の足をもう片方の足に乗せた姿勢のことです。
この体勢を続けてしまうと、左右の骨盤にかかる負担に差が手来てしまうため、骨盤の歪みに繋がってしまいます。
骨盤歪んでしまうと、足組みしないと体が安定しなくなりますます足を組んで骨盤が歪んでしまう悪循環に陥ってしまいます。

骨盤が歪んでしまうと、夜眠れない、身体の疲れが取れない、身体への負担がおおきくなり、痛みが出るなど様々な症状が起こってきてしまいます。

 

 

根本治療を目的としております。

当院でできることは、ゼロ整体はストレッチや筋肉の調節を行い患者様一人一人に合わせて治療プランを組んでいます。

また、当院にはインナーマッスルを鍛える機械もありますので鍛えることが難しいと言われているインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

インナーマッスルを鍛えることで痛みを繰り返さないように身体づくりを当院で行いましょう!

 

お困りの症状の改善を行いながら、患者様の生活の質の向上にむけて全力でサポートいたします!

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 整体院【石川台】
  • LINE

診療時間

住所
〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-18-15
タケモトビル1F
アクセス
石川台希望ヶ丘商店街内