診療時間

スタッフブログ

春は肉離れが多発!?肉離れはなぜ起きる?

春は肉離れが多発!?肉離れはなぜ起きる?

こんにちは!

大田区 ゼロスポ鍼灸整骨院 石川台です🤗

 

さてさて、地域にもよりますが新年度になると増えるのがお子様たちの運動会。

学校によっては親子リレーや保護者綱引きなど色々な保護者様の参加競技が増えるのではないでしょうか?

僕の経験上、毎年この時期に肉離れをしてご来院される患者様が増える時期でもあります!

良く、その時に保護者様に聞くのは運動部だった頃の記憶で走ったら痛めてしまいました…などの言葉です。

認めたくない事実ですが、身体に対して何もしていないと間違えなく身体は筋力の低下や柔軟成の低下が起きています😢

では今回は

①なぜ肉離れになってしまうのか

②肉離れになりやすい人の特徴

③肉離れの治療

こんな内容の事を書いていきます。

 

先ず①なぜ肉離れになってしまうのか

肉離れとは筋挫傷とも呼ばれます。

筋肉は筋外膜に覆われその中に筋束が存在しその筋束を覆うように筋周膜(筋内膜)があります

さらにその筋束の中に筋源繊維がありその筋原繊維の中に筋繊維があります。

 

肉離れとはこれらの組織が自家筋力(自分の筋力)によって損傷または断裂した状態を指します。

肉離れには重症度があり

Ⅰ度 筋繊維の損傷は見られず筋細胞の微細な損傷があります。

  損傷した箇所に違和感や不快感が見られる。

Ⅱ度 筋繊維の部分断裂。腫れや圧痛があり損傷部に凹みが見られることもある

Ⅲ度 筋繊維の完全断裂 損傷部に明らかな凹みが見られることも。皮下出血が見られることもある。

   肉離れを繰り返した結果起こりやすい

という重症度分けをしていきます。

先程、自家筋力により発生しやすいとお伝えをしましたが、より具体的な例だと

ランニングなどで足が地面に接地する時に足にかかる不可は2~4倍とも言われます。

足が接地した瞬間の衝撃を受け止めるのは足の裏だけでなく、足首、膝、股関節これらの関節が

クッション材のような役割をになっています。さらに関節は、そこに付着する筋肉伸縮することにより

関節の動きを制限しています。このときに筋肉に負担がかかりやすいフォームだったり筋力不足、柔軟性の不足

していることにより負荷に耐えられなくなり筋肉が肉離れを起こしてしまいます。

②ではなぜ肉離れになってしまうのか、その人の特徴を書いていきましょう。

と言いましても前述したように

フォームが崩れていたり筋力が不足していたり身体が硬かったりすると肉離れが発生しやすいです。

そんな方の特徴として、①姿勢が悪い!②慢性的な運動不足、③ストレッチ不足

この三つです!

まず姿勢が悪いとどうなるかというと、関節の可動域が狭くなってしまい結果的に負担がかかってしまします。

次に慢性的な運動不足については、身体を動かすときに筋肉を使いますよね?

その筋肉は大きく2つに分けられます。それはアウターマッスルとインナーマッスルです。

運動不足になると運動中に関節を安定させるインナーマッスルが低下してしまう事と

実際に関節を動かすためのアウターマッスルが低下してしまいます。

そうすると筋肉や関節が負担に耐えられなくなってしまいます。

あとストレッチ不足についてですが、これはみなさんも想像がつくかと思いますが

ストレッチが不足すると柔軟性が不足する。ということは筋肉が伸びなくなってしまう=負荷を吸収できなくなる→結果的に筋組織の破綻に繋がる。

という感じで肉離れが生じてしまうんです!

しっかりストレッチと正しい運動習慣を身につけましょう!

 

 

③では三つ目!治療方法について👏

肉離れは治療するにあたり3つのステージに分けて治療します!

一つ目・・・(急性期)これは肉離れをしてしまってからすぐの状態でズキズキ痛みがあったり、腫れや熱感がでてきます。

           またこの時に皮下出血(あざ)が出てくる場合も

二つ目・・・(増殖期)これは受傷後3~6週間程の期間で血管の生成やコラーゲン生成を行い回復に向けて

           身体の反応が出てくる時期です。

三つ目・・・(成熟期)増殖期以降のコラーゲンの成熟と再教育にあたる期間です。

大田区 ゼロスポ鍼灸整骨院 石川台では肉離れの全ての期に対応ができるように

炎症を抑えるためにハイボルト治療や鍼灸治療

増殖期での回復を早めるための立体動態波

成熟期や全体の期を通して回復をはやめるための3DMENS治療や

テーピング処置など幅広くゼロスポ鍼灸整骨院 石川台では取り扱っております。

詳しくは当院まで問い合わせください!

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 整体院【石川台】
  • LINE

診療時間

住所
〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-18-15
タケモトビル1F
アクセス
石川台希望ヶ丘商店街内